TOP > 別館

別館

さんべ荘別館いやしの宿四季の宿

通り廊下をわたる
ゲタの音が心弾む

和のこころ素足のくつろぎ

本館を抜けて木々に固まれた通り廊下を抜けると、そこには懐かしく心安らぐ日本伝統の古民家風はなれ痛。うつり変わる四季の風情を焦じながら、ふるさとのわが豪に帰ったような懐かしさを味わってください。

動画で公開中

※別館へは、本館より階段を利用しての移動となります。

「女性のお客様は、色浴衣(5種類)をお選び頂けます。」
(別館ご宿泊の方に限っております)

4つの趣きの異なるお部屋

寒椿
12畳の和室と、掘ごたつのある板の間が広がっています。

温泉を引いた内風呂は檜風呂です。

窓の外には杉の林が広がっており、

森の中にいるような気分を味わえます。

宿泊料金表はこちらをご覧ください。

動画で公開中

笹百合

10畳の和室と掘ごたつがあります。秋には窓から見える色づいたもみじが心を和ませてくれます。内風呂は、遠赤外線放射率が多い、大田市温泉津町の福光石を使用した石風呂です。(身体が芯から温まり、湯冷めしにくい)

宿泊料金表はこちらをご覧ください。

翁草

お部屋は笹百合と同様の造りですが、内風呂が岩風呂となっております。

宿泊料金表はこちらをご覧ください。

動画で公開中

松虫草

12畳の和室と、別に茶室が付いている純和風のお部屋です。ご希望の方には抹茶セットをご用意させて頂きます。過去に2回将棋の王将戦も行われた由緒あるお部屋で、内風呂は檜風呂になります。

宿泊料金表はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ
  • さんべ荘別館いやしの宿・四季の旅籠(やど)
  • 宿泊のご案内

当館のスタッフが近くの山を歩き取ってきた野草が別館のあちらこちらに

窓辺には春を発見
山の春は少しゆっくり

部屋に合わせて
選んだ季節の花

明かりと一緒に薫る
里山のにおい