石見神楽 定期夜神楽公演

8c71d7bb3047d705ae425c543ae76f01
 開催日 全6回
  ①9月9日(日) 大屋神楽社中
  ②9月30日(日) 忍原神楽団
  ③10月14日(日) 三瓶山神代神楽社中
  ④11月11日(日) 多根神楽団
  ⑤11月25日(日) 土江子ども神楽団
  ⑥12月9日(日) 刺鹿神楽団
   ※公演社中は、都合により変更する場合がございます。
  時間 19:00 ~ 20:30 (開場18:30)
  会場 国民宿舎さんべ荘 大広間
  料金 500円(税込) 中学生以下無料
 
 【注意事項】
 ・全席自由席。公演当日に先着にて受付いたします。
  ただし、一部団体指定を設ける場合もあります。
 ・フラッシュ、三脚の使用、動画撮影は出来ません。
 ・開催日程、時間は変更になる場合がございます。



石見神楽とは?
e76bcbc5af9b64f85483b2e72d326062
日本の伝統芸能といえば、狂言や歌舞伎、能などを思い出す人が多いかもしれませんが、「神楽」は、かつては日本全国で盛んに行われていた我が国最古の芸能です。
その歴史をひもとくと、日本神話のなかの「天岩戸(あまのいわと)伝説」にまでさかのぼり、岩戸にお隠れになった天照大御神(あまてらすおおみかみ)を誘い出すために、天鈿女命(あまのうずめ)が岩戸の前で舞った踊りが起源だといわれています。
現在演目は、古事記や日本書紀を原典とするものなど30数種にのぼり、スケールも大きくなっています。 特に石見神楽は、「神事」でありながらも「演芸」的要素が濃く、ストーリーも明解。 舞もお囃子も激しく、胸のすくような爽快さと勇壮さがあるのが特長です。物語を知らないのに神楽に馴染めるか不安、という方も、心躍らせるお囃子と迫力ある舞に、自然と神話の世界へと誘われるはず。 地元石見人が愛する「石見神楽」の多彩な演目を、ぜひ生の演奏と舞でご鑑賞ください。

詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。→(http://www.all-iwami.com/contents/kagura/)
scroll-to-top