国立公園三瓶山・国民宿舎さんべ荘(お問い合わせ0854-83-2011)

TOP > お知らせ > 2010 > 12月

TOPICS

今年一年ありがとうございました。

 

  今日は大晦日、早いもので今年も終わりです。

 

  4月1日にリニューアルオープンしてはや9ヶ月、今年は一年がとても早かった様な気が…

  年をとる度に一年経つのを早く感じるとよく言いますが、来年はもっと早く感じるって事ですかね   あー恐ろしい。

 

  この一年、おもてなし、サービス等々こちらが行き届かない点が多々あり、皆様にご迷惑をお掛けした事もたくさんあったと反省しております。

  来年は、より一層皆様に満足して頂けるようにフロントはじめ従業員一同頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

  それでは皆様よいお年を。

 

                         ハイボール

 

  

 

 

 

  

準備中です。

今年も残すところあと1日となりました。

今朝からの積雪がすでに45センチ(>_<)…駐車場の除雪作業も追っかけっこになっています。

雪見風呂で風情はあり、嬉しいのですが(^v^)、お越しになるお客様のことを思うと…困ったものです… ((+_+))

 

離れの宿もこんな感じです。

 

  

 

そして館内はお正月飾りの準備中です。

  

 

  

 

  

 

  

松、竹、梅、千両、万両、南天、柳、蝋梅…と派手さはないですが、純和風でしつらえてみました。

今年最後のブログです。お付き合い頂きましてありがとうございました。

 

侘助 (^.^)/~~~

 

 

訳あって…安いんです!

こんにちは (*^^*)

今日もさんべ荘周辺は雪です。朝、通勤途中は雪景色に目を奪われます *_*

 

そして…

 

フロントから入ってすぐ。

あらあらと目と心とを魅かれる商品が登場です!

「ちょっと訳あり」

ていうところがポイントなのです☆(主婦の心をくすぐるのです)

 

 

大きさも形もいろいろ。値段も400円からそれぞれ違います。

 

 

何かと人の集まる機会の多いこの時期にこのわさび。

大きいし安いし、何より珍しいし!!とってもお買い得ですよ!

御家庭用には冷蔵庫にもちろん一本、帰省先への手土産にも喜ばれることでしょう!

 

よかったらさんべ荘にてお買い求め下さいませ♪

 

 

ロビ

新雪の三瓶山

北の原から新雪を踏んで男三瓶に登ってきました。

つぼ足で膝の上まで・・・

ラッセルはシワイですね^^

山頂には先客、出雲からの二名

西の原から登ったそうです

新しくなった避難小屋で温かいカップメンは

なによりのごちそうでした

下山は西の原へ

レンブラント光線に、浮布池、クロスカントリーのコースが輝いてました^^

あなたも雪の三瓶山に登りませんか?

下山後は・・・もちろんさんべ荘の温泉に浸かって・・心身を癒しましょうね^^

ご希望の方は、さんべ荘までご一報を。

「とびちゃん」が御一緒しますよ。

                                                 (とびちゃん)

効きます、効きます、温泉!!

ここ三瓶は本格的な、雪シーズン到来です。

そこで、活躍するのが、温泉です

 

  

 

さんべ荘の玄関前にある、温泉の落とし湯は暫くお休みです。

 

 

玄関前をパイプが横切ってます、足元には気お付けてください。!!!

 

三瓶の温泉は体にも、雪にも効きますよーーー!!

 

フロント;まかない君(ハタハタ塩焼き)

菊芋は効く芋

こんにちは

三瓶は雪の中です。

下の画像は、今日の朝。  西の原周辺で、車を泊めて撮りました。

 

そして、今。

 

風が強くて、吹雪いています。

こんな天候の中ご来館されるお客様、本当にありがとうございます。これから来られる方、運転には本当にお気を付けて。

そして、ゆっくりとお湯に浸かって温まって下さいね。

 

で、本題の菊芋ですが、これまで当館の懐石料理で付け合わせとしてお出ししていたものですが、この度、商品として販売することとなりました。

芋といっても、根っこの方の「塊茎」に当たります。  歯ごたえはシャキシャキして、どんどん手が進み癖になる味です。

血糖値、中性脂肪の減少、肝機能改善など様々な効果があり、健康の為にも素晴らしい食材です。

地元でとれた素材ですので、ご自宅用はもちろん、三瓶のおみやげとしてもおススメです。

マジでうまいです。

ぜひ、おためしあれー

 

フロント ぴゅん

“三瓶伝説” シリーズ 【第1弾】

 メリークリスマ~ス!

 三瓶のクリスマスはものすごく寒いです

 雪も朝から降ったり止んだりで、現在5cmほど積もってます。

 まさに “ホワイトクリスマス”!!

 

 さて、これまで数々の三瓶シリーズを紹介してきましたが、今日はおまちかね!

 “三瓶伝説” シリ――ズ!!

 実は、三瓶にはたくさんの伝説が残されているんです。

 その中には、昔から伝わる今でいう「パワースポット」な存在もあるので、みなさん、

 これからの展開を楽しみにしていてくださいね

 

 それでは今日は手始めにこれ↓

 

    【第1弾】

    “幻のお地蔵様伝説”

 

 

   三瓶山の八合目付近の山腹をめぐって、八体のお地蔵様がまつってあると

  昔話が伝えています。

   ふもとの人たちが草刈りをしながら登ったりして、本当に偶然見つけたりします。

  ふもとへ帰って話をすると、

   「それはうそだろう」

  と否定されます。そこでもう一度確かめに行くと、再び見かけることが出来ません。

   「このお地蔵様は、弘法大師の念力によって作られた」

  と話している古老もいたようです。

   夕焼けの美しい日に、100万分の1の偶然で、はるか遠くのふもとから、キラキラ

  輝くお地蔵様を望み見ることもあるといいます。こんな時、

   「三瓶山は不思議な山だ」

  と、人々は話し合ったりします。

 

 

 

    

 

          

    

             企画・営業   永遠の若手 JH

12月24日

こんにちは!

今日は、クリスマスイブですね♪

三瓶では、雪がちらついてホワイトクリスマスになりそうですよ!!

 

ということで、さんべ荘のツリーです

NEWツリーになりました(≧∀≦)vV

 

ライトがついてさらにキレイになりましたよ(*^_^*)

 

 

皆様、ぜひさんべ荘のツリー見に来てくださいね(^O^)ノシ

 

フロント;シードスター(-_-)

ここ大田にも…

出雲地区の大量の青銅器が発見された荒神谷(こうじんだに)遺跡や、本日の地方紙に紹介された山持(ざんもち)遺跡のような歴史を塗り変えたような派手さは無いのですが、石見地区のここ大田市内にも人々の生活を知ることのできる遺物が出土しているんですよ。

それは朝山大田道路予定地の国道9号線から少し山側に入った久手町中尾地区にある中尾H遺跡( H は区画名だそうです)です。

なんと紀元前約4000年前の縄文時代後期~約1400前の古墳時代、平安、室町のそれぞれの時代の出土品の現地説明会があり、行ってきました。

以前は、圃場整備をした田んぼだったところで、   
その前は左端部分が川だったそうです。      講師先生のお話と出土品に興味津々です。

  

 縄文時代の矢じりの『石鏃(せきぞく)』や    古墳時代~奈良、平安時代に焼かれた
刃先の磨かれた『石斧(せきふ)』         『土馬(どば)』や『須恵器(すえき)』

  

こちらの縄文土器はデザインがほどこされて   大甕(おおがめ)の破片にも紋様がみられ
います。                        ます。

  

                           木の実をすり潰す為の『磨石(すりいし)と石皿』

  

写真の出土品の説明書きは埋蔵文化財調査センター『朝山大田道路発掘調査だより ほるる~と9ないん №3』を参考にさせていただきました。

今回はチョッピリ大田の自慢でした。

侘助(*^_^*)

 

 

木のおもちゃ!!

 

こんにちは(^○^)

さんべ荘に新しいおもちゃが来ました!!

 

下についてるひもを引っ張るとが動くんです(*^_^*)

単純なおもちゃですが、なんだか見ると引っ張りたくなります(●^o^●)

あまり強く引っ張ると落ちてくる可能性があるので注意してくださいね(>_<)

今はロビーにありますけど、無料休憩所に移動する予定です!!

このおもちゃはさんべ北の原にある木工館で作られました(#^.^#)

遊びに行ってみる価値ありですよ!!

 

寒くなってきましたので、運転にも気を付けてお越しください(^O^)/

 

フロント ずっちょ

このページの先頭へ