国立公園三瓶山・国民宿舎さんべ荘(お問い合わせ0854-83-2011)

TOP > お知らせ > 2015 > 1月

TOPICS

ぽかぽか

大寒が過ぎ、寒さが最も厳しくなるころですが、今日の三瓶では南向きの窓際にいるとポカポカしています。

暖かいなぁ~と思って、油断し ついそのまま外へ出ると 空気がヒンヤリ! 冷たくってビックリ。やっぱりまだまだ冬でした。

 

そんな日の空は…

 

 

空気が澄んでいます。

つい2日前までの景色は↓↓↓雪で覆われ、ケモノの足跡がくっきり見えましたよ。

 

↑↑ ウサギかな?

 

 

爪の跡までクッキリ~!!

 

北側の庭や、建物の影、木立の中には白いものがまだ少し残っていますが、

 

雪の下敷きになりながらも、頑張って赤い宝石を輝かせていてくれた 『ヤブコウジ』

 

このプリップリ君を お客様にも愛でていただきたくて…

移植しちゃいました。

 

 

 

 

ピンボケでごめんなさい。ハナミズキです。

草木は賢いですね~春の準備をしています。

 

そして、足元に何か青いものを見た気がして、目をやると

 

まさかの オオイヌノフグリ でした。これを入れて2輪咲いていました。

 

大田町内なら分かるんですが、ここは標高約450メートルの三瓶山の麓

 

つい2日前まで雪の下にあったのに…

強いですね~生命力を感じずにはいられません。

このオオイヌノフグリ は ゴマノハグサ科で別名ホシノヒトミ(星の瞳)ロマンチックですね~(*^_^*)

 

山と花の達人 とびちゃん部長から花の名前の由来クイズを出題され、サッパリわからず

ググってみると…

「犬の陰嚢(ふぐり)」???

ガーーーーーン(+o+)

とっても かわいそうな名前でした。

これは、種子の形が似ていることからということらしく、花とは無関係。

明治初期に日本に渡来したヨーロッパ原産の帰化植物とのこと。

(写真は「四季の山野草」のサイトから)

 

あつ、お口直しに

館内の

 

 

このスイセンは大田市内の海沿いの五十猛町で咲いていたものを頂いたものです。

 

 

一度通り過ぎてから振り返るほど、香りが清々しい春の空気が漂っています。

 

ヤツデがカワイイんです。

 

花の無いこの時期はちょっと苦し紛れな感じで…す。(@_@;) 

大田市が『住みたい田舎』No.1

年末の12月29日発行の宝島社「田舎暮らしの本」で・・・・

大田市が『住みたい田舎』No.1にランキング^^

以下12月29日の山陰中央新報の新聞記事

 

ありがとう!! 宝島社さん^^

さんべ荘の従業員は全員大田市大好き人間^^です。

生まれも育ちも「大田市人間」

生まれも育ちも「三瓶の麓人間」

いったん出たが帰ってきた「Uターン人間」

よそから嫁に来た「愛ターン人間」

だから大田市は『住んでよかった田舎』No.1でもあるんです^^

 

詳しくはここをクリックしてください。

 

大田市はUIターン募集中

さんべ荘はU・I-ターン者大歓迎^^

いっしょに働きましょう^^

そして・・・お客様に住みたい田舎No.1の大田市にI-ターンしていただきましょう^^

みなさま お待ち申しあげております。

                                    とびちゃん

2015年元日

新年あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

1月1日の元旦の西の原から見る三瓶山です。

小雪の舞い散る空模様かと思えば…

 

このように吹雪いて目の前が真っ白になってしまうことも!

 

 

今年はシンプルな飾りの鏡餅です。

 

 

館内は、プリップリの実を付けた千両や、梅、蝋梅(ロウバイ)がお客様をおもてなし中でございます。

 

 

 

 

こんな日は温泉が一番♨

鉄分の多い温泉で体の芯まで温まってくださいね。

 

本年も国民宿舎さんべ荘をどうぞごひいきに!

よろしくお願い致します。

 

侘助(^_^)/~

このページの先頭へ