国立公園三瓶山・国民宿舎さんべ荘(お問い合わせ0854-83-2011)

TOP > お知らせ > 2017 > 9月

TOPICS

まぼろしの池出現☆彡

心配していた台風18号の被害は全くありませんでした。

安心してお越しくださいね。

 

西の原の片腕の松の道路向かいの草原だったところには、9月10日の雨の名残が…

…池が出現!!

これ一年の内に数日しか出現しない幻の池なんです。

釣り糸を垂らしても何も釣れませんよ~!

 

雨上がりに曼殊沙華とダリアと出勤!

 

 

 

 

お彼岸前になると、ちゃんと咲くんですね~。

 

そして、大田市では、400年の歴史のある伝統行事「彼岸市=中日っあん」が大田町内の駅通りを中心に

イベントがあります。

 

解説はコチラ

暑さ、寒さも彼岸までと言われますが、季節の変わり目の彼岸にお寺の縁日に境内で物々交換をしたのが「市」の始まりで、四百年以上のの歴史を持つ大田市の伝統行事です。春と秋の彼岸の中日に催されることから、地元では「中日つぁん」とも呼ばれています。露店商人の間では、昔からこの市を「高市」と言い、出雲大社、松江の武内神社の例祭と共に年間予定に組み入れています。かつて春の彼岸市は、播種期を迎え、野菜、園芸の種ものや、農具、苗木、植木、盆栽、日用品などが、ところ狭しと並べられました。「市」の形態、場所、取引される品物も時代の変遷につれて変わってきていますが、露店は、遠くは関西、九州から毎回ニ百店余りが集まり、毎回四万人前後の人出で賑わいます。また、大田市民会館広場では、この「中日つぁん」を彩る植木、苗木市を開催しています。

 

会場大田町商店街全域(約1.2km)

開催期間平成29年9月23日(秋分の日) 10時00分〜18時00分
(交通規制は8時00分〜19時00分)24日(日)10時00分〜17時00分
(交通規制は9時00分〜18時00分)植木市は23日から26日まで大田市民会館にて開催

詳しくはコチラ

http://www.ohdacci.com/higaniti/09/

少し色づきました。

一昨日、昨日の雨で、朝晩の涼しさが増しました。

本日は朝から晴れました。

蝉の声も聞こえますが、清々しい朝の空気です。

マユミの花も色付き始めました。

 

ちょうどモミジの木の足元に咲くミズヒキは…

 

祝儀などで使われる水引きそっくりなことからミズヒキ(水引)の名が付けられたとのことで、

木陰に育つので、目立たない花ですが、茶花にも使われる可愛いお花です。

 

気が付けば紫色の物体が……ムラサキアケビが落ちていました。

 

見上げれば、5つ子さんが居ましたよ

 

そして、玄関先には

 

ザクロが皆さまをお迎えしています。

 

日を追うごとに秋めいていくのが楽しみな三瓶です。

 

侘助( ^ω^ )

2017よい仕事おこしフェアに出展して参りました。

先日、『志学のおだし』を宣伝に東京に行ってまいりました。

 

これは、城南信用金庫主催の『2017よい仕事おこしフェア』のイベントで、

東京国際フォーラムのホールEを会場に

全国から約430の企業や団体が集まり、

最新技術や商品を紹介するもので、

震災被災地である東北地方と熊本県の復興応援イベントや、

各地の特産品やグルメの販売などがありました。

 

 

 

迷子になり何度かパニックに陥りるほど大きなホールで、同じようなブースがたくさん…

そんな中でも、城南信用金庫の大田市出身の方の繋がりで、

さんべ荘のブースを探してきてくださる方もおられました。

嬉しいですね。

 

 

 

さんべ荘のブースはこちら

 

こちらが、『志学のおだし』

三瓶産の原木椎茸と、焼津産の本枯れ鰹節・枯れ鯖節、北海道産利尻昆布、

更に上質な旨味があると評判の国産あご削り節を贅沢に使った美味しい万能和風だしです。

パック入りですので、簡単にお使いいただけますよ~。

 

向かいやお隣の東北ブースには大臣も立ち寄られました。

試飲されたお客様方には「美味しいね」と言ってくださり、購入もたくさんして頂きました。

 

このたび東京上陸した『志学のおだし』…気になる方は、さんべ荘で日中は試飲が可能です。

そして、大田市内のスーパーでも販売中!

遠方の方は、ネットの『さんべ商店』https://store.shopping.yahoo.co.jp/sanbe-store/でも購入可能です。

 

フェア期間中は、一般の来場者様、城南信用金庫の方々、出店業者さんと皆さまにあたたかく接していただきました。

ありがとうございました。

 

侘助( ^ω^ )

 

このページの先頭へ